スイスの流線型の電気機関車の写真。交通博物館で目立つ!

スイスの流線型の電気機関車の写真。交通博物館で目立つ!


 今回、777回の更新になります。

 何か記念になるネタをと考えていたらスイス交通博物館で展示してあった流線型の電気機関車が発見できたので選んでみました。

 美しいエメラルドグリーンの塗装で動輪が5つもついていて山岳用のロッド式電気機関車らしく、蒸気機関車をイメージする珍しいH型の大型電気機関車でした。

 フリッカーから選んだ商用利用可能なH型電気機関車でリンクを示して商用利用も可能です。 

スイス 電気機関車 流線型

 今回、無事777回の更新を達成したのでスイス交通博物館の電気機関車を選んだのですが流線型で2両連結スタイルは日本の電気機関車から余りにもかけ離れていて珍しいデザインですね。

 昔、東海道線でEH10型電気機関車とか現在はEH200型とかEH500型などの電気機関車などが日本にありますがスイスの電気機関車で流線型で蒸気機関車のようなロッド式で活躍したのはかなりミステリートレイン?と思いまして記事ネタにしました。

 銀河鉄道999に確か777号という謎の特急列車もあったのですが、ちょっと似ている?ような雰囲気もあってスイスの電気機関車は紹介して楽しい??

 一度、観光や撮り鉄で珍しい電気機関車を見に行きたい、となればスイス連邦はオススメの国だと思います。

 スイスは高山鉄道や路面電車も多いのでドイツと並んで鉄道王国ですが山岳地帯なのでロッド式の電気機関車の宝庫らしく、日本でいえば碓氷峠のような感じで独特のデザインの電気機関車が多いようです。

 今回、紹介した電気機関車ですがエメラルドグリーンの塗装で美しいので紹介してちょっと楽しかったですね。



  • SEO
  • loading
  • コンテンツの裏方さん
サブコンテンツ

このページの先頭へ